事例詳細

引っ越しで家具に傷を付けられたが、事業者は否定している。どうしたらよいか。

住まい

相談事例

梱包お任せパックで引っ越しをした。開梱したらテレビの液晶部分、時計のガラスの表面に傷があり、また、事業者に開梱を任せたテーブルにも傷があった。すぐに事業者に電話をいれたら「元々あった傷ではないか。」と言われた。どうしたらよいか。

センターからのアドバイス!

引っ越しの作業中や終了後はすぐ荷物や家屋を点検し、トラブルに気付いたらすぐに事業者に申し出ましょう。標準引越運送約款では事業者は注意を怠らなかったことを証明しない限り、損害賠償しなくてはなりません。ただし、荷物を引き渡された日から3か月以内に通知しないと、事業者の責任は消滅することになるので注意が必要です。

関連記事

 

一覧に戻る
悩まず ご相談ください

あなたのご相談に消費生活相談員が応じ、助言・情報提供等を行います。

相談窓口の ご案内はこちら
  • 新型
コロナウイルスに便乗した悪質商法に注意
  • 消費生活情報メルマガ 週刊はまのタスケ・メール
  • 横浜市消費者協会の使命と役割
  • 法務省などを騙った架空請求のハガキに注意!
  • 発行リーフレット リーフレット・グッズ等ご自由にダウンロード下さい
  • 川柳募集中
  • 消費者契約クイズ 正しい知識でトラブルを未然に防ごう!
  • 相談データ・分析 年度別、消費生活相談概要資料
  • 図書・DVD検索 消費にまつわる専門書や学習DVDを検索
  • 会議室のご案内 学習会、研修会などにご利用いただけます

ページトップへ