事例詳細

訪問して来た事業者に急かされて、リフォーム工事の契約をしてしまった。

住まい 点検商法訪問販売

相談事例

 突然、「近所で住宅のリフォーム工事をしているが、お宅の屋根がめくれている恐れがあるので見てあげる」と事業者が来宅した。屋根に上がり、デジタルカメラで撮った屋根の画像を見せられた。「屋根が壊れているから建築資材をかぶせる工事が必要。外壁も劣化しているから塗装工事もしたほうがいい。次に雨が降ったら取り返しのつかないことになる」と急かされて、9日前に100万円の契約をしてしまった。この工事は妥当か?

センターからのアドバイス!

訪問した目的や身分を隠し、家屋の危険性を強調したり、契約を急がせる事業者には要注意です。大切な住まいの工事であり、高額な契約となるため、契約前に家族や知人等に相談するなど、慎重な検討が望まれます。
もし、家屋の修繕をしたいときは、複数社で比較検討することが大切です。見積書には○○一式と簡略化したものでなく、項目ごとにできるだけ詳細に明記してもらうと、理解しやすいでしょう。

関連記事

 

一覧に戻る
悩まず ご相談ください

あなたのご相談に消費生活相談員が応じ、助言・情報提供等を行います。

相談窓口の ご案内はこちら
  • 新型
コロナウイルスに便乗した悪質商法に注意
  • 消費生活情報メルマガ 週刊はまのタスケ・メール
  • 横浜市消費者協会の使命と役割
  • 法務省などを騙った架空請求のハガキに注意!
  • 発行リーフレット リーフレット・グッズ等ご自由にダウンロード下さい
  • 川柳募集中
  • 消費者契約クイズ 正しい知識でトラブルを未然に防ごう!
  • 相談データ・分析 年度別、消費生活相談概要資料
  • 図書・DVD検索 消費にまつわる専門書や学習DVDを検索
  • 会議室のご案内 学習会、研修会などにご利用いただけます

ページトップへ