事例詳細

アパート退去時の高額請求

住まい 不当請求 若者 高齢者

アパート退去時に返金されるはずの敷金が、「思っていたよりも返金が少ない。」「高額な修繕費を請求された。」など下記のような相談が多く寄せられています。

「敷金から原状回復に要する費用として、壁クロス代やハウスクリーニング代等の費用を差し引かれた金額しか返金されない」

「ペットを飼っていたので、床や壁に傷や汚れがあるがその弁償はどこまでか。」

「借主の不注意による汚れ、傷、破損にかかる修理費用の負担分が高額である」

 アパート退去アパート退去猫アパート退去タバコ

ポイント

  • 賃貸アパート入居時および退去時には、できる限り家主、管理会社、仲介業者等(以下、家主側)の立ち会いの下で部屋の現状を確認しましょう。その際、確認した内容をメモに残したり、修繕が必要と思われる箇所の写真を撮るなど、証拠となる記録を残すことが大切です。

  • ハウスクリーニング特約などがある場合がありますので、契約前には必ず重要事項説明書などの契約書を確認しましょう。

 

もしトラブルにあってしまったら

  1. 入居時に交付された重要事項説明書などの契約書類を確認し、特約(ハウスクリーニング特約等)がないか確認します。記載されている範囲以上の料金を請求された場合は、それを根拠に交渉します。

  2. 国土交通省の「原状回復をめぐるトラブルとガイドライン」では、通常使用による破損や経年変化によるものは家主の負担、通常の使用方法を超える使い方によって生じたものは借主(入居者)の負担とされています。

  3. 納得いかない場合は、修繕箇所や金額など詳細が書かれた見積書や明細書を取り寄せるなどして内容を確認し、納得出来ない点は家主側に十分な説明を求めましょう。

 

参考リンク

 

関連記事

 

一覧に戻る
悩まず ご相談ください

あなたのご相談に消費生活相談員が応じ、助言・情報提供等を行います。

相談窓口の ご案内はこちら
  • 新型
コロナウイルスに便乗した悪質商法に注意
  • 消費生活情報メルマガ 週刊はまのタスケ・メール
  • 横浜市消費者協会の使命と役割
  • 法務省などを騙った架空請求のハガキに注意!
  • 発行リーフレット リーフレット・グッズ等ご自由にダウンロード下さい
  • 消費者契約クイズ 正しい知識でトラブルを未然に防ごう!
  • 相談データ・分析 年度別、消費生活相談概要資料
  • 図書・DVD検索 消費にまつわる専門書や学習DVDを検索
  • 会議室のご案内 学習会、研修会などにご利用いただけます

ページトップへ